認知症問題は解決されないのか?

認知症問題は解決されないのか? 

高齢化社会になってきて問題となるのが
高齢者の認知症の話です。

 

高齢者の生活費の問題、年金のこれからの
支給額なども問題としてよく話題に
なりますが、あまり話題が少ないものですが
実際には大きな問題となるものとして
認知症という問題もあるのです。

 

将来の自分、そして今目の前の介護者と
いうところですが、歳をとっての生活が
必ずしも健康とは限らないというところが
あります。

 

たとえ体の一部が悪い、あまり外を出歩けないと
しても今の日本では介護は充実していますし
ネット通販も普及してきたということも
ありますし、日常生活の不便さ、大変さは
解消きてきているようには思います。

 

ただ、脳が健康ではない、認知症という
状態になってしまうと物事を正常に
判断することができなくなってしまいますので
自分自身もつらいし、あるいは感情が
無くなってしまうのかもしれませんが、
周りの家族や介護者に大迷惑をかけて
しまうというところがあります。

 

家族も困る

 

認知症の場合にはいろいろなパターンが
ありますが家族が本当に困るということが
多いです。

 

徘徊をするようなケースでは、目を話すことも
できなくなってしまいますし、危険度が
相当上がってしまいます。

 

私のうちの場合は妄想系の問題が起こりました。
やってもいないことを言いだしたり、
これは私のものではない、とか、
人のものを持ち込まれたとか、
介護者に盗まれたとか言い出すのです。

 

これでは本当のことが何かわからなく
なってしまいますし、介護者が
責められたりすると介護をする人も
たまらないですよね。

 

プロの人であればわかっているからと
いうことで問題ないかもしれませんが、
家族はそうはいきませんし、そんなに
割り切れないという人がほとんどでしょう。

 

発生してしまうともう仕方のないものでは
ありますかなんとかしたいものでも
あります。

 

治療法はないのか?

 

この認知症の治療法としては今完璧なものは
出ていないようです。
ただ注目すべきものとしてサプリメントを
飲むことによる緩和、予防というものは
研究されてきています。

 

具体的には九州大学で研究されている
プラズマローゲンというものがあります。

 

アルツハイマー型認知症患者が
このプラズマローゲンを摂取することに
よって症状が緩和したという研究結果が
出ています。

 

サプリメントということで副作用は
ありませんし、日常の食生活の延長で
飲むことができます。
薬ではないので絶対というものでは
ありませんが、こういったものも
あるということで検討してみるのも
いいかもしれませんね。

 

プラズマローゲンサプリ